結婚指輪の選び方を知っておこう【目安となるのが相場】

給料の3カ月分は本当か

リング

二人の一生モノのお値段

プロポーズを受けて結婚することになった二人にとって、次は結婚指輪選びが待っています。昔、「給料の3カ月分」と言われていた相場ですが、実際はどのくらいの相場なのでしょうか。最近では、結婚指輪の相場は10万円〜20万円前後です。指輪のお金だけでなく、これからの新生活には何かとお金がかかります。また、結婚式を挙げる際はさらにお金がかかり、現実感のある値段を選択するカップルが多いです。貯金が少ないけれども形として指輪を残したい場合、最近では5万円以下で販売している業者さんもいらっしゃいます。逆に、長年のお付き合いを経て結婚されるカップルの場合、デザインや材質にこだわる方もいらっしゃいます。さらに、一生に一度の指輪には大きなダイヤモンドを希望される方もいらっしゃいます。その場合は30万円〜100万円以上の価格となる場合もあり、カップルのニーズや年代、希望によって大きく異なります。結婚指輪は婚約指輪と違って毎日つける方が多く、着け心地や傷の付きにくさ、耐久性を重視するという方も多いです。職場でつけていても気にならないような、シンプルなデザインを選ぶ方もいらっしゃいます。カップルによって様々な事情があり、購入条件が異なります。また、以前から欲しいブランドやデザインがある場合もあります。従って結婚指輪を選ぶ際は、相場を気にするよりもニーズや予算を二人でしっかりと話し合う事が大切です。一生を共にする指輪だからこそ、慎重に選びたいものです。

Copyright© 2018 結婚指輪の選び方を知っておこう【目安となるのが相場】 All Rights Reserved.